お薬の副作用

精神安定剤と抗うつ剤

お薬には副作用がある

うつ病の患者さんに処方されるのは一般的に精神安定剤や抗うつ剤と呼ばれるお薬です。抗うつ剤の種類としては、SSRI、SNRIなどの分類に分けられます。脳内にある神経伝達物質に作用するお薬ですが、SSRIはセロトニンに、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンにと選択的に作用することが特徴的です。主に処方されるお薬としてはパキシル、デパス、トレドミン、ルボックスなどがあります。患者さんの症状の度合いによってどのお薬が効果があるのか個人差があるので、どのお薬が処方されるのかは医師の診断によります。精神安定剤や抗うつ剤を服用することによってリラックスさせて気分を高めたり、不安感か緊張感をほぐしてくれるという効能があります。やる気がなかったり、集中できなかったという症状の改善も期待できます。

 

精神安定剤と抗うつ剤の種類によっては副作用が比較的軽かったり、場合によってはかなり重く感じられる場合もあります。飲み始めから2週間ほどは吐き気や便秘、口の渇きといった比較的軽い副作用が見られる傾向がありますが、2週間ほど経つと症状は軽くなってきます。人によっては症状が重くなる場合もありますので、いつもとは違う症状が現れた時には注意が必要です。また、ほとんどの抗うつ剤を服用すると眠気が強く感じられますので、服用後には車を運転しないようにしましょう。他のお薬との飲み合わせができない場合もあるので、必ず医師に相談の上服用する必要があります。うつ病の症状が改善しても、勝手に服用を中止しないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ