左脳と右脳について

左脳の働きとは?

左脳の役割について

ここでは、右脳と左脳についての話を取り上げています。まずは、左脳についてです。左脳は多くの情報を一度に処理できず、後からの情報に上書きされ、忘れられます。また、処理速度もそれほど速くないため、テスト勉強の一夜漬けなど効果が上がらないのはそのためです。言葉や文字だけに頼ることには限界があります。よく記憶するには、右脳へのコミュニケーション、アクセスも必要になります。右脳の働きでもある、五感ををうまく活用し連携することで記憶力が向上するなど相乗効果が得られます。また、言語認識や論理的思考、情報処理などは非常にストレスがたまる作業です。右脳を活用しリラックスすることも必要で、右脳と左脳の両方をバランスよく使用することが大切です。そして、記憶の定着については、海馬の役割も重要です。右脳と左脳と海馬など部分によって、働きが異なります。それぞれの役割に応じた使い方をすることで、能力が最大限に発揮されると考えられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ